相模原ラグビーフットボール倶楽部

アクセスカウンタ

help RSS Jrチームだより 6/2希望ヶ丘高校ラグフェス

<<   作成日時 : 2013/06/02 21:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

6/2(日)は法政二高と希望ヶ丘高校でラグビーフェスティバルがあり、3年生主体のAチームは法政二高へ、1、2年生のほとんどの選手は希望ヶ丘高校へお邪魔しました。ここでは希望ヶ丘高校のフェスティバルについて報告いたします。
希望ヶ丘高校は、旧制中学の県立第一中学でもあり、県下最古参の高校です。選手たちの自主性を尊重する雰囲気が感じられ、練習会もすべて現役の選手が進行していました。伝統校らしい、希望ヶ丘高校のすばらしいカルチャーにまずは敬意を表したいと思います。

画像


練習会の後には、参加したスクール同士の交流試合が組まれました。1年生は、ジュニアに上がって初めての本格的なゲームです。広いグラウンドになんだかおっかなびっくりの立ち上がりでした。

画像


個々のランでは見せてくれる場面もありましたが、接点からボールに絡み、さらにそこからゲインしていく技術はまだゼロという状態です。ディフェンスでも相手にやすやすとスペースを与えてしまう場面が多く、フルサイズのグラウンドでは、個の力だけではディフェンスもオフェンスも成立しないということを理解する必要がありそうです。

画像


チームとして機能していくための課題がたくさん見えたこの試合、これからの練習に向けて有意義なものになりました。

画像


希望ヶ丘高校にはスクールOBで3年生の中上大暉選手がいて、フォワードの中心選手として活躍しています。この日、鎌倉学園との試合でもトライをあげ、スクール時代を知るコーチたちに何よりのプレゼントをしてくれました。

画像


もうひとつ、希望ヶ丘高校ラグビー部のすばらしい点は、マネージャーのみなさんの仕事ぶりです。ひとりひとりが役割を認識し、練習会から試合に向けたアップ、そして試合中と、誰に指示されるでもなく的確に行動していました。今日のお天気のごとくさわやかなグラウンドの印象は、こうした選手、マネージャーのみなさんのラグビーに対する真摯な姿勢からもたらされるものだということがよくわかりました。
希望ヶ丘高校ラグビー部のみなさま、ほんとうにありがとうございました。
(Jr広報担当 秋山)

テーマ

テーマ検索

テーマレーダー

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文