相模原ラグビーフットボール倶楽部

アクセスカウンタ

help RSS Jrチームだより−コーチからのメッセージ5/7

<<   作成日時 : 2013/05/07 18:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ゴールデンウィークは終わり、立夏も過ぎて、二十四節気に従えばもう初夏です。でも、春季大会はまだ続いています。ここまで2戦2敗の相模原JrAチーム。体質改善をしていくために、小泉コーチからのメッセージです。(本文と写真は直接の関係はありません)

■ラグビーは、身体全体を使うスポーツです。小手先では通用しないスポーツ。
だからこそ、日頃の生活態度が、そのままプレーに出てきます。
「挨拶」「姿勢」「食事の仕方」「事前準備」「時間厳守」「服装」などなど。
また、これら日頃の生活を正しくできなければなりません。
正しくできないことは、正しいプレーができないことであり、怪我につながります。

画像


■こうしたことは、各々のプレーヤーが、『意識』しなければチームが成り立ちません。
『意識』することは、「考える」ことにつながり、「判断力」も身に付くはずです。
チームとは、ただ単にみんなが集まるからチームではなく、各々が意識した個々人の集団が集まり、その結果としてチームにならなければなりません。

画像


■そのチームをさらに機能させ、勝利に導くのが、コーチの役割です。
コーチの語源は、corch。あのブランドのCORCHに描かれている馬車です。目的地まで安全にしっかりと導くことがコーチの役割です。

画像


■プレーヤー、コーチ、保護者が三位一体となり、勝利を目指せば、必ず結果はついて来ます。

以上、小泉コーチからのメッセージでした。

さて、先日5/4、秩父宮ラグビー場で行われた日本代表vs韓国代表の試合を見に行きました。

画像


やっぱり、双方とも声がよく出ていました。というか、声がでかくないと代表になれないんじゃないか、と思うくらい、試合中ずっとものすごく声が聞こえてました。印象的だったのは、最年少のウイング、藤田選手がキックオフのたびに、「ハンズアーップ!」と叫んでいたこと。年齢とか学年とか、ゲーム中にそんなことを気にしている人はいません。
やっぱり、声です。
(Jr担当広報 秋山)

テーマ

テーマ検索

テーマレーダー

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文